幸せなカップル

レビトラの価格は、病院で入手するのか、ネット通販で入手するのかで大きく異なります。
基本的にはネット通販で購入すると安く購入することは出来ますがその場合にはきちんとした正規品を入手するように心がけなくてはいけません。

レビトラは、専門のクリニックに行けば処方してもらえる薬です。
10mgあたりだいたい1500円程度で入手できるのが一般的で保険の適用はありません。
保険の適用がある価格というものは存在せず、処方してもらうときには全額本人の自己負担という形で購入することになります。
初回の問診の際には非常に安く手に入れることが出来ることが大半であるため、レビトラを一度利用してみてどのような薬なのかを体感することも大切です。

レビトラは、有効成分にバルデナフィルを使ったED治療の先発薬です。15分で効果が発現する即効性が特徴で、従来のED薬よりも速く効き目が現れるという利点から人気があります。

引用元:レビトラ|通販価格:7,180円【正規品20%OFF】個人輸入|薬の通販オンライン

レビトラは他のED治療薬と比較しても即効性のある治療薬なので、服用するタイミングを難しく考える必要はありません。
また、バイアグラと比較しても食事の影響を受けにくい等のメリットがあります。

反対に、ネット通販で購入するときには20mgあたりで600円から700円程度の価格で入手することもできます。
なぜこのような違いが生じるのかというと、ネット通販で購入できるレビトラはジェネリック医薬品であるケースがが多いからです。
病院で処方される薬は保険の適用を前提として発売されているため割高になっており、しかも薬の開発として先に開発されたものであるため市場に出回っているような供給量の多い薬とは異なります。
対して、ジェネリック医薬品は後発的に開発されたもので一般市場を対象に販売されているものです。
日本ではドラッグストアでED治療薬を見かけることはありませんが海外では当たり前のように見かけることが出来ます。
供給量が非常に多いため値段も安く、しかもレビトラの後発型の薬なので成分もほとんど変わらないというメリットがあります。
海外からの輸入の際にはどこの誰が販売しているのかを確認してから、安全性を確保できたときに購入しましょう。