• ホーム
  • レビトラは1日何錠服用すればいい?

レビトラは1日何錠服用すればいい?

2019年07月05日
白いカプセルを持っている男性

レビトラの服用は1日1錠が基本となります。
持続時間は10mgが4~5時間、20mgが8~10時間と異なりますが、いずれも服用後に再服用する場合は24時間以上空ける必要があります。
短時間のうちに連続服用すると、医薬品が吸収されて効果が現れて、体内から排出されるまでのリズムを崩すことになります。
1回服用をすると次回の服用は最短でも24時間後となりますから、原則として1日1回しか服用できません。
服用する錠剤数は1錠が基本であり、10mgで効果が弱いと感じられる場合は20mgを服用します。
10mgを服用後に勃起力が弱いという理由で、追加で服用するのは避けてください。
ED治療薬の健康被害の多くは、間違った服用法により起こっているのです。
医師の指示を守らずに服用して健康を害しても、すべて自己の責任となります。

個人輸入の通販サイトでレビトラを購入する方は、飲みすぎないように注意しましょう。
医師の検査・指導なしで購入できるので、誤った方法で服用してしまう方がいるのです。
沢山飲めば効果が高くなると考えて20mgを2錠飲んでしまう方もいますが、1回分の用量を超えて飲むのは絶対に避けましょう。
ただし、普段20mg錠を飲んでいる方の場合は、錠剤を半分に割って飲んでも特に問題はありません。
効果・副作用が弱くなるだけであり、身体への負担にはならないでしょう。

レビトラの用法・用量については、医師の診断を受けると詳しく教えてくれます。
持病・既往歴なども考慮して用量を決めていくので、最初はクリニックで処方を受けましょう。
レビトラは大量に服用すれば効くとは限りません。
10mgで十分な効果を発揮できる方なら、副作用の強い20mgは必要ありません。